あなたは大丈夫?葬儀のマナー

訃報が届いたときに、まず行うことは何か?

香典はいつ渡す?参列できないときは?

香典はまず受付で渡します。通夜に参列できずすでに香典を誰かに持参してもらっている場合で、告別式に参加できるようになったときには、受付で記帳をしお悔やみのことばのあと、「香典は代理のものがお通夜にお持ちしましたので」とはっきり伝えるようにします。重ねて香典を渡す必要はありません。
遠方であったり、都合がつかず通夜や葬儀へ参列できない場合は、弔電を打つか代理人を立てて弔意を伝えるようにします。代理人であれば、たいてい身内、配偶者か家族がそれにあたります。近くに家族がいない場合は、知人あるいは友人に代理人を頼んで参列をしてもらってもマナー違反とはなりません。時間に都合がつくようになったら、できるだけ早く本人が出向くようにしましょう。

香典返しのマナー

香典返しの場合は、香典の金額の半分程度が相場といわれます。ただ地域によっても異なりますので、注意が必要です。香典返しは忌明けしてから、つまり四十九日法要が済んでから贈ります。海苔やお菓子、お茶やせっけんなど残らないもの、あるいはタオルなどの実用品を贈ることが多いです。また、最近はカタログギフトが利用されることもあります。価格帯も色々あり、香典に金額に合わせて用意しやすいというのがメリットです。
基本的には直接手渡ししますが、できない場合は挨拶状や礼状と一緒に配送します。無事四十九日法要が済んだ旨を伝える挨拶を添えるようにします。地域によっては葬儀当日に香典返しを行う即日返しをするところもあります。即日返しでは基本的に香典の金額にかかわらず同じ品物を準備するようにします。