あなたは大丈夫?葬儀のマナー

通夜や葬儀に参列する際には、黒い服装であれば何でもいいの?

親族の場合

喪主や遺族として参列する場合は、通夜の時点から喪服を着用します。男性は白いシャツにネクタイは黒無地を着用します。
ブラックスーツでアクセサリーは派手なものはつけません。ネクタイピンも不要です。靴は光沢がないもので、黒無地の靴下をはきます。
女性の場合は長い髪はまとめ、髪飾りはつけないようにします。
最近はネイルを施す女性も多いですが、NGです。スカート丈は正座をしたときに膝が見えないくらいの長さがいいでしょう。ストッキングは黒でラメや柄が入ったものであったり、タイツも好ましくありません。靴やバッグは布製のものが基本です。
子どもの場合は学校の制服がある場合には、制服を着るようにします。制服がない場合はブラックスーツや女性であれば黒のアンサンブル、ワンピースを着用します。

参列者の服装や持ち物

急な通夜に参列する場合先に述べましたが平服でも問題はありませんが、告別式へ参列する場合は喪服を着用します。ただ平服イコール普段着というわけではありませんので注意してくださいね。
喪服がない場合はレンタルもありますので、できるだけ訃報が届いたら早くレンタルをするようにしてください。また、知人や家族に借りるという方法もあります。ただこの場合はサイズが合わず不格好となってしまうこともありますので、気を付けてください。
持ち物は、キリスト教式の葬儀以外では数珠を持参します。白か黒の無地のハンカチ、財布の中身も最低限にしましょう。冬場の場合コートを着用しても構いませんが、色は黒かグレーのような地味な色です。